C o n c e p t

 間(あい)をデザインする

  • 「間」という文字には地点と地点の間、人と人の関係、時点と時点のあいま等の意味があります。空間に人が存在して時が流れる、すなわち暮らしや生きる事、ライフスタイルそのものを表わす言葉です。
     
  • 「間」をデザインする事はつまり、ライフスタイルを想い描き新たな提案を試みる事。要望や条件などヒアリングを元に詳細な検討を行い、空間・人間・時間の関係を丁寧に定義してライフスタイルへ豊かな提案を行います。

    デザインコンセプト写真

 間(あい)の設計手法

  • 空間の間
    質感あふれる素材や色彩を用いて生活の場「間」を切り取り、削り出します。壁や床などに単に形や大きさを与えるだけの表面的デザインや安易な装飾に頼らず、本質的に目には見えない間(スキマ)を構築します。
     
  • 人の間
    人と人とのあい、すなわち関係性や距離を意図的に定義します。親密度や個公の性質に応じて、壁・天井・開口など建築要素を柔らかく、時に厳格に用いて人間の関わり方を調整します。
     
  • 時の間
    時の流れと共にに変化して生活に呼応する「しなやかな建築」を提案します。また、時を重ねることから生まれる美を大切にした自然素材活用・色彩計画を行うほか、光・風を時間軸として空間に取り込みます。


    【間・ライフスタイル = 空間+人間+時間】

   上式をコンセプトにすべてのデザインワークを展開します。    

 ■お問い合わせはこちら■    ■建物造り無料相談はこちら■

間建築研究所ロゴ
間建築研究所

≪Index