W o r k s

秋田駅中央口改札(JR東日本) 秋田県秋田市中通7丁目1-2

秋田公立美術大学が行う、市街地木質化実証モデル事業工事の設計監理。

木質空間ならではの魅力をデザインで顕在化する事で、市街地において建築材料として活用頻度が少い、木材の潜在的な利用可能性を掘り起し、地域木材の需要を増大させる事が本事業の目的です。

防火性能が求められる建物の内装に、可燃物である木材を使用するにあたり、材には予め大臣認定取得の準不燃加工処理を施しています。

壁面の材料は全て秋田県産の杉材。積雪寒冷地の厳しい環境に耐えて育つが故に、緻密で美しい肌合いを持つ秋田杉が、都市空間に温もりを提供しながら地域らしさを印象付けます。

杉の魅力を一層引き立てる為、端部や枠はスチールフラットバーで構成し、杉の柔らかな質感と鉄の硬い質感を対比させました。併せて、壁面を出幅の異なる3種類のリブウォールとし、時に応じて変化する陰影も表情に取り込んでいます。

木材の質感だけに留まる事なく、積極的に様々な設計手法を活用して、デザインによる付加価値の創造を試みたプロジェクトです。

秋田の建築士事務所
間建築研究所

↓写真をCLICKすると拡大します↓
精算所 精算所付近 リブウォール 精算所正面 サイン 在来線全景
駅弁屋&展示スペース 木ルーバーフェンス 駅弁屋 端部ディテール サインディテール サインディテール
ショーケース部 ポポロード側より NEWDAYS店舗 店舗正面 改札より望む ハイカウンター
着座部分 利用風景 フォリーベンチ 組立柱 相互依存梁 フォリーベンチ全景    □NEXT WORKS□

 ■建物造り無料相談はこちら■

≪ Works List